2017年08月22日

日本一周一人旅・14日目 兵庫 → 鳥取

今日は初中国地方!私は当時東日本は旅行などで行ったことがあるのですが、西日本、特に中国地方、四国地方、九州地方は全く未知の世界ぴかぴか(新しい)この日以降の予定に、宿でガイドブックを見ているだけでとてもワクワクしていましたるんるん

その中国地方初上陸は鳥取県からひらめき鳥取といえば砂丘!梨!ということで、今日予定は鳥取砂丘と鳥取城。

ちなみにお城ですが、私は軽く歴女なので、当時お城があれば結構寄っていました。スマホのアプリでもお城のスタンプラリーというものがあったので、ぼちぼちと集めていました。お城も楽しみに行ってきます車(セダン)


兵庫から鳥取に日本海沿いを走るのですが、夏の海を眺めながら、ステキなドライブコースが続きました。しばらく鳥取砂丘に向かって走っていると、それらしきものが見えてきましたぴかぴか(新しい)
鳥取砂丘4.JPG

さっそく鳥取砂丘近くで迎えてくれました。どれだけの砂を使っているんだろう。この完成度はさすが目
さて砂丘へと思ったのですが、近くに観光できそうなところがあったので寄ってきました。

位置情報まずは道の駅「白うさぎ」
道の駅「神話の里白うさぎ」.JPG

この道の駅には名前の通り、白うさぎがいました目オリの中でしたが普段あまりうさぎを見ることがないので、その赤い目やかわいらしさに癒されましたかわいいお土産はやはり梨やカニ、うさぎや砂をモチーフにしたお菓子などなどひらめき見ているだけで楽しかったです。

位置情報白兎神社
白兎神社.JPG

しばらく道の駅をぶらぶらして昼食も終えた後、道の駅すぐ近くに神社がありました。そちらにも寄ってみました。よくよく調べてみるとこの神社はあの有名な神話「因幡の白兎」の舞台。神社までの沿道には、うさぎの像が並んでいます。ここまで無事たどり着けたことに感謝してきました。なんでもこの神社は恋人の聖地として認定されているようで、そちらもこっそりお参りしてきました。

位置情報鳥取砂丘
さてさて今日のメインですひらめきさっそく目玉の1つのラクダが迎えてくれました。
鳥取砂丘らくだ.JPG

こちらで写真を撮ってもらいました。ラクダもおっとりしていて、思ったよりも乗り心地がよかったです。本物のコブに感動しました。ちなみに記念撮影は¥500円(くらい)。

そしてメインの砂丘へ。
鳥取砂丘3.JPG

ここがあの有名な砂丘かぁぴかぴか(新しい)一面が砂でサクサクと歩く足の感覚が新鮮でした。広大な砂を歩き、坂があったのでやっとこさで登ると目の前には海が広がっています。砂漠と海、風も気持ちよく、スケールの大きな砂浜のようで、来てよかったと思えた瞬間でした。足も疲れたのでしばらく景色を眺めながら一休みしました。

位置情報鳥取城
お城跡です。正直軽い気持ちで行ったところでしたが、、まさかこんなに過酷なところだったとは。目ほとんど山登りのようでした。登り始めはなんか坂が多いなぁと思っていたのですが、登っても登っても坂が続き、途中で降りようかとも思ったのですが、せっかく来たのだからと足を動かします。
途中にあった看板。
鳥取城2.JPG

お城の観光と思っていたのに登るだけで危険だとは。でもきっと登り切ったらよい景色に出会えるはず!と気を奮い立たせ、ガクガクの足にムチ打って登ります。

そして頂上
鳥取城.JPG

登り始めて休みながら一時間くらい。ここからの景色は登り切った思いと疲れで格別でした。ここから砂丘も見渡せて、初めての鳥取を満喫しました。ここまでのあまりの急な坂道に、降りるのがもったいなかったので、頂上で登った時間と同じくらい休みましたいい気分(温泉)

さて降りようとすると、一人のおじいちゃんも同じタイミングで降りようとしていました。ここまで登ってきたおじいちゃんの体力すごい。そこで話しかけられたので、そのまま世間話をしながらふもとまで降りました。甲子園好きな方で、私も甲子園大好きなので最後まで話は尽きませんでした。降りるのもやっとの思いだったのですが、話しながら降りたおかげで気が紛れました。ありがとうおじいちゃん。鳥取はフランクな方が多いのかなひらめき


ここまでで夕方くらい。宿に向かうには少し早く、通り道だったこともあり、もう一度鳥取砂丘へ寄ってみました。するとお昼には見れなかった別の砂丘の顔を見ることができました。
鳥取砂丘5.JPG

なんとも神秘的な景色でした。初中国地方ということでしたが、とてもステキな1日になりましたぴかぴか(新しい)明日の予定はまだ未定ですが、宿でゆっくり考えます。というか早く足を休めます。


スポンサーリンク









posted by suikanotane at 16:15| Comment(0) | 日本一周